予防歯科とは
1975年には5.6本であった日本における12歳児のDMFT(一人あたりの永久歯のむし歯の本数)は、1999年には2.9本となり、減少しているように見えますが、戦後50余年を振り返ると決して減少し続けてきたわけではありません。かつては欧米諸国にくらべ、少かったはずの日本人のむし歯は戦後めまぐるしい経済成長のなかで、食生活も生活習慣も変化し、いつのまにかそれらの国々を上回ってしまいました。
スウェーデンとの比較
 
現在歯科先進国として知られるスウェーデンも20年前は他の欧米諸国と同様に、DMFTは非常に高いものでした。しかしその後の適切なとりくみによって急激に減少しています。日本も12歳児のDMFTは減少していますが、コントロールの難しい20歳前後では、ほとんど変化はありません。図をみるとその違いは明らかです。

 
むし歯を予防・治療するためには適切な処置が必要になってきます。またう蝕と生活習慣病は密接な関係にあり日々の生活からむし歯のリスクは潜んでいます。
むし歯を予防・治療するためには
 
適切なハミガキ
口の中にひそむむし歯菌は、適切なハミガキによって除去することができます。
くわしいブラッシングについてはこちら
フッ化物入り製品の使用
フッ化物には歯を強くするほか、むし歯菌にも抗菌効果を発揮します。
フッ素塗布についてはこちら
歯医者での除菌、プロケア
ブラシやカップの届かない部位は、ワンタフトブラシや歯間ブラシを使いましょう。家庭でも使用できるブラシを使用することでホームケアでの清掃補助用具の導入へ導きやすくなります。
くわしくはこちらをご覧ください。
 
このページの先頭へ戻る
あおば歯科医院の情報はこちら
Copyright (C) 2006 Aoba Dental Clinic. All Rights Reserved.