予防歯科とは
虫歯や歯周病の原因は、プラーク(バイオフィルム)です。
プラークとはお口の中にいる細菌のかたまりのことで、歯にくっついた食べカスや糖分を栄養にして増えていきます。プラークは歯の表面や、歯と歯ぐきの隙間に特に残りやすく、正しい方法でブラッシングを行わないとお口の中にいつまでも残ったままになってしまいます。
正しい磨き方を歯医者さんで学び、事前に虫歯を防ぐために定期的に検診をすることをお勧めしています。
お口の中を衛生的に保つためには、毎日のブラッシングと定期検診が欠かせません。
正しいいブラッシングの方法
 
ブラッシング方法
歯面のカーブにあわせて毛先を直角に当てる。
軽いタッチであてる。力をかけすぎると毛先があたらないので軽いタッチでブラッシングをしてください。
毛先を使い分ける
歯ブラシ全体はねらった部位には届きにくいものです。
歯ブラシのつま先、わき、かかとなど部分的にうまく歯面にあわせていきいましょう。
また叢生部位や臼歯の隣接面など歯ブラシが届きにくい部位も角の毛を利用するなどしてプラークをねらって落とすように心がけましょう。
 
 
 
最も確実にプラークを落とす方法が毛先みがきです。歯ブラシの毛先を歯面に直角にあてて軽いタッチで動かすと最も早く確実にプラークを取り除けます。
ヘッド部分
口の中で動きやすい小さなものがおすすめです。
ネック部分
奥歯まで毛先が楽に当てられる細く長いネック部分になっている歯ブラシを使いましょう。
ハンドル部分
握りやすくコントロールしやすいストレートハンドルがおすすめです。

このページの先頭へ戻る
あおば歯科医院の情報はこちら
Copyright (C) 2006 Aoba Dental Clinic. All Rights Reserved.